に投稿

あなたのビジネス英語力を最短で伸ばすための3つの必須チェックポイント:続ける工夫(3 of 3)

こんにちは。Biz English YOKOHAMAの松岡評(ひょう)です。

今日は、「あなたのビジネス英語力を最短で伸ばすための3つの必須チェックポイント」

  1. あなたのビジネス英語で、一番最初にレベルアップさせたいのは「なに」ですか?
  2. 「いつまでに」レベルアップさせたいですか?
  3. レベルアップした時にどのくらい嬉しいか、楽しいか、誇らしいかを、今の時点でリアルに感じていますか?

の3番目

レベルアップした時にどのくらい嬉しいか、楽しいか、誇らしいかを、今の時点でリアルに感じていますか?

についてお話しします。

 

これは、学習をプランに沿って実行し、継続させるために必要な、とても重要な要素です。

 

ポイントは3つです。

  • 「継続は力なり」の正しい使い方
  • 興味は意識的に探せます
  • 興味があれば、努力は不要?

「継続は力なり」の正しい使い方

もしかすると、あなたは「継続は力なり」の言葉を継続するために使っていませんか?

 

この言葉は、正しくは「継続したら力になった」です。

 

言い換えれば、結果論ですので、これを目的にすると機能しません。正確に言うと、短期間は機能しますが、長期的にはかなり難しいです。

 

では、どうするのか。

 

あなたが、ビジネス英語の学習について、興味を持っている=面白いと思っている、と結果として続きます。

面白いと感じていることをやっている時は、「継続させよう」とは意識しません。

 

面白いからやっている。とてもシンプルな脳の仕組みです。

 

興味は意識的に探せます

ビジネス英語の学習に限らず、趣味でもなんでも、何かを始めたけど段々と興味がなくなってきた。ということはありませんか?

 

特に続けたいと思っていないことは、それでもいいのですが、続けたいのに続かないのは、問題です。

そこで、解決策があります。

 

「何が面白いんだろう?」

と思いながら、あなたが面白いと思うことを探しながら、続けていくと、少しずつ「あれ!これはいいね!」とか「なるほど」とか感じることが増えていきます。

 

これは、脳が持っている情報のフィルター機能である、RAS(Reticular Activating System = 脳幹網様体賦活系)のおかげで、気になっていることが優先的に意識され、記憶される結果です。

RASの簡単な説明:
脳が重要だと感じたことを認識し、それ以外は見えていたり聞こえていても脳が認識しない脳のフィルター機能。例えば、電話をしながら車の運転をすると事故が起きやすいのは、脳は電話が重要だと認識すると、目は前方を見ていて網膜に映像が映っていても脳では認識せず、周囲の状況が判断できなくなる。感情を込めて英語のフレーズを話すと、脳はそのフレーズが重要だと感じて記憶に定着しやすくなる。

続けたいことは、このRASをうまく使うのがポイントです。

 

興味があれば、努力は不要?

私は、「努力」という言葉は、日本のお家芸だと感じています。

私はランニングが好きで、特にインターバルトレーニングが好きです。私のやっているインターバルトレーニングは、1Km全速で走った後、1分30秒ゆっくりジョギングをしながら息を整えて、また1Km走って、これを3~7回繰り返すというものです。ウォームアップとクールダウンを含めると、走る距離は1回で6~13Kmくらいになります。

ランニングのトレーニングの中では、かなりきつい部類です。元陸上部の私が言うのですから、まあ、間違いないでしょう。

でも、大好きです。

自分のタイムが少しずづ縮まっていくのが、とても嬉しいからです。今のところ週一ですが、2週間以上間が空くと、思うように走れません。

私のランニング仲間は、「松岡さん努力してますね。すごいですね!」と言ってくれますが、私は別に努力をしているとは思っていません。ただ、単純に楽しんでいるだけです。もちろん、息は上がるし、心臓はバクバクするし、脚の筋肉も張ってきます。でも、楽しいんです。

脚の出し方、腕の振り方、骨盤の前傾、などなど、私が楽しんでいることはたくさんあります。

 

ビジネス英語の学習も、基本的な考え方は同じです。

 

あなたの「好き」を見つける。

なかなか見つからない時は、「何か面白いことないかな??」と思ってみてください。見つかるまで特に意識をしなくても、あなたの潜在意識が「面白いこと」を探し続けます。

 

一つでも「好き」が見つかれば、「努力」はあなたの意識から消えてなくなります。

 

是非、試してください!

 

Keep the momentum.

 

参考になれば幸いです。

 

ご質問やお問い合わせをお待ちしております。

に投稿

あなたのビジネス英語力を最短で伸ばすための3つの必須チェックポイント:期限設定(2 of 3)

こんにちは。Biz English YOKOHAMAの松岡評(ひょう)です。

今日は、「あなたのビジネス英語力を最短で伸ばすための3つの必須チェックポイント」

  1. あなたのビジネス英語で、一番最初にレベルアップさせたいのは「なに」ですか?
  2. 「いつまでに」レベルアップさせたいですか?
  3. レベルアップした時にどのくらい嬉しいか、楽しいか、誇らしいかを、今の時点でリアルに感じていますか?

の2番目

「いつまでに」レベルアップさせたいですか?

についてお話しします。

 

この「いつまでに」をハッキリさせておかないと、

  • ゴールする日が決まっていないので、スタートする日もあいまいになる
  • 1つのテーマ=ゴールについての学習効果を確認するために途中確認点(マイルストーン)が決まらなくなる
  • 色んな予定に押されて、ゴールする日がドンドン延びて、いつの間にか消えてしまう

という事になったことはありませんか?

 

かつてソビエト連邦が崩壊した時に大きな要因の一つに、「仕事についての時間の観念が非常に乏しかった」という分析があります。

 

Time is money!

ビジネスはmoneyを産み出す手段ですから、timeがないとmoneyもやって来ません。

 

(ちょっと脱線して英文法のお話)

Time is money! の 「is」はご存知のとおりbe動詞です。 be動詞は算数の「=」の意味を持っています。

ですので、timeがないとmoneyもなくなってしまいます。

 

では、期限はどうやって決めると良いのか?

もちろん、あなたのスケジュールに沿って決めれば良いのですが、今の時点で「いつまでに」が決まっていない場合は、

  • 3 days
  • 3 weeks
  • 3 months

のどれかから選ぶのをお勧めしています。

理由は、3は私たちの生活にとても深く馴染んでいる数字だからです。

 

いわゆる、3 is the magic number. なんです。

例えば、

  • 三日坊主(いきなりネガティブですが)
  • 正月三が日
  • 三日三晩
  • 三位一体
  • 三原色
  • 三冠
  • 三色団子

などなど、いろいろありますね。

  • 3 days
  • 3 weeks
  • 3 months

あなたはどれを選びましたか?

Biz English YOKOHAMAのコーチングセッションでお勧めしているのは

  • 3 months

です。

 

理由は、

  • 学習の効果が感じられるのは3ヶ月くらい掛かる
  • 学習が習慣として定着するために脳と体の無理なく無駄なく変化できる
  • 四半期と同じなのでビジネスのスケジュールに馴染みやすい

です。

 

もし、今日からあなたのビジネス英語の学習を再スタートさせたとしたら、

 

3ヶ月後はどうなっていますか?

 

次回は、

  1. あなたのビジネス英語で、一番最初にレベルアップさせたいのは「なに」ですか?
  2. 「いつまでに」レベルアップさせたいですか?
  3. レベルアップした時にどのくらい嬉しいか、楽しいか、誇らしいかを、今の時点でリアルに感じていますか?

の3番目

レベルアップした時にどのくらい嬉しいか、楽しいか、誇らしいかを、今の時点でリアルに感じていますか?

についてお話しします。

またお会いしましょう!

 

ご質問やお問い合わせをお待ちしております。

に投稿

ビジネス英語:最短で効果が出る学習プランの作り方 最初の一歩

こんにちは、Biz English YOKOHAMA ビジネス英語コーチの松岡評(ひょう)です。

ビジネス英語を学習されている方におたずねします。

 

具体的な学習プランはお持ちでしょうか?

 

具体的な学習プランとは

  • 学習のゴールが決まっていて、ハッキリとイメージできる
  • ゴールの期日が決まっている
  • ゴールは自分の心からやりたい事である

いかがでしょうか?

 

Biz English YOKOHAMAへのお問い合わせで「ビジネス英語が伸び悩んでいる」と言われる方には、必ずお伺いしている質問です。

そして、ほぼ全員の方が、「いろいろやってますが、具体的なプランは作ってません。」と言われます。

漠然とビジネス英語力を伸ばしたいと思っても、何から手つけて良いが分からない。。。

CNNを毎日聞いている、英文メールの作り方の本は読んだ、ビジネス英会話を英会話スクールで習っている。

どれも、効果のある方法ですが、問題は「いつ効果が出るのか??」だと思いませんか?

最短で効果を出したいですよね。

 

Biz English YOKOHAMAでは、ご相談を受けた際に、まず学習プランの全体像が鮮明にイメージ出来るように、以下のようなOverall planを作るようお勧めしています。

 

横軸は「タイムライン」で、右端がゴールの期日。

縦軸は「ゴールの達成度」で、上端が100%=大満足です。

 

右上がりの線は、直線ではなく波になっていますね。これは、「ジグモイド曲線」といって、人の脳や体が変化していくときの一番自然な変化なんです。

最初は、時間を掛けてもなかなか成果が出てこないけど、ある程度の時間を掛けると急に成果が出てきます。でも、次のステージ手は、やはりある期間は上昇スピードが遅くなり、停滞しているような感じになります。

この変化をシッカリと理解しておくと、気持ちの余裕が出てきます。

 

今後、この学習プランを具体的に説明していきますのでご期待ください。

 

参考になれば幸いです

it’s cold outside!

Take care:)

 

お気軽にお問い合わせください。

に投稿

ビジネス英語って、いったい何でしょう?

こんにちは、Biz English YOKOHAMA ビジネス英語コーチの松岡評(ひょう)です。

 

いきなり質問ですが、

 

ビジネス英語って何でしょうか?

 

 

もちろん、仕事で使う英語ですね。

では、日常英語とどう違うんでしょうか??

Biz English YOKOHAMAでは、ビジネス英語を以下の3要素で出来ていると考えています。

  • あなたがビジネスで使う専門用語
  • 基本的な文法(中学卒業程度)
  • 状況に合った表現方法(フォーマルな表現など)

この3つのうちの1つでも外すと、ちゃんとしたビジネス英語にはなりません。

 

まず、「専門用語
「単語を並べただけでは英語にならない」と言われます。確かにそうですが、ビジネスで使う単語が並ばないと、ビジネスの話になりません。自分が使う単語は、意味はもちろん発音もシッカリできる事が必要です。

次は、「文法
レベルとしては、中学英語で基本的にはOKです。大学受験用の文法書を読むヒマがあったら、単語の一つでも使えるようになる方が遥かにマシです。

最後に、「表現方法
失礼にならず、かと言って丁寧過ぎず、状況に合った表現が必要です。「Can I ~」「Could I ~」「 May I ~」などの使い分けが一例です。

 

ビジネス英語学習の順序は次回お知らせしますね!

ご質問がございましたら、お気軽に以下のフォールよりお問い合わせください。